• 設計への思い
  • バックナンバー
  • 作品集
  • わたしたちのこと
  • 事務所紹介
  • 発表した文章
  • 関連サイト等
  • お知らせ
  • お問い合わせ
埼玉の建築スケッチMAP 青山恭之のブログ
作品集works
神明台の家

shinmeidai01-w800

<リフォームか新築か>
■ さいたま市浦和区、神明台という高台の住宅地での、住宅の建て替えです。以前は築40年ほどの平屋の住宅が建っていました。南側に、緑たっぷりの庭をもち、家の中央の居間から、その庭へ、さらに前面の道まで、ゆるやかに繋がっていくような住まいでした。建て主さんご家族はその家とそこでの住まい方に愛着があり、リフォームで検討していた時期もありました。しかし、育ち盛りの子供たちの空間の狭さ、改装を重ねた水回りなどの機能的問題、さらに構造面などから、ソフトを引き継ぎながら、ハードは新築という方向になりました。

shinmeidai02

<配置計画との関連>
■ 50坪の敷地は比較的広い南側道路に面し、その道路を挟んだ土地は一階分ほど高くなっていて、その上に三階建てなどの住宅が建っているので、南からの日照条件は不利です。建て替えにあたり、東の二項道路からのセットバックが発生し、建物の東西方向の間口は制限されます。南からの引きをとるために、建物は北側に寄せた二階建てとし、太陽熱を屋根面で受けて、床下から室内に循環させるソーラーシステムを採用することにしました。さらに深夜電力を利用した蓄熱暖房のシステムも用意しました。

shinmeidai03

<「まち」と「いえ」の間> 
■ かつての家のたたずまいを引き継ぐために、街路からの直接の視線を遮りつつも、「まち」と「いえ」が柔かく浸透しあうように、間の空間を重視しました。すなわち、室内から前面道路への間に、雪見障子、ルーバー付サッシ、庇のかかったた濡れ縁、前庭の植栽、木製格子の垣根が、層状に展開しています。玄関前の空間も、「まち」と「いえ」の関係を調整しています。

shinmeidai04

<内部計画> 
■ 「いえ」の中心となる居間の上部に吹き抜けを設けて、二階の子供部屋などの諸室が、吹き抜けを囲むように計画しました。このことは、ソーラーシステムで暖められた空気の循環を助けます。回遊動線の多い、機能的に柔軟なプランです。

shinmeidai05

<材料面> 
■ 外観で、南に面した壁と、外構の板塀にペイントされた板を用いたのは、元の家の色のイメージを引き継いでいるもので、南の道への「向き」を強調する役目も担っています。また、元の家の床材を、出窓の窓台などに部分的に再利用しています。庭には、県産木材のチップをご家族で敷きました。

shinmeidai07

shinmeidai08

Photo : Yasuyuki Aoyama

 

shinmeidai09

Photo : Shigeyuki Tanaka

 

所在地/埼玉県さいたま市

構造/木造二階建て

竣工/2007年

 

pers-600
隣地(北)から、庭・街路(南)へと切った、断面パース