• 設計への思い
  • バックナンバー
  • 作品集
  • わたしたちのこと
  • 事務所紹介
  • 発表した文章
  • 関連サイト等
  • お知らせ
  • お問い合わせ
埼玉の建築スケッチMAP 青山恭之のブログ
ブログカテゴリ一覧
青山恭之のブログblog
埼玉の建築スケッチ、№115、渡辺廣田郎家(杉戸町)

投稿日:2017年12月19日

171217-1

  日光街道「埼玉六宿」といえば、草加・越谷・粕壁・杉戸・幸手・栗橋だが、このうち現在鉄道の駅に名を刻んでいないのが、杉戸だ。明治32年に東武鉄道の杉戸駅は誕生したものの、昭和56年に東武動物公園が開業すると駅名を東武動物公園駅に改称してしまった。杉戸はお隣の宮代町に主役を譲った感があるが、その分、宿場の雰囲気を残す建物が散見できる。

 街道を北にたどり、宿場のはずれで曲がった先に、この渡辺廣田郎家が現われる。母屋(店?)は町屋の形式をとるが、広大な敷地は宿場の密度を逸脱している。石垣・門・主屋・さらに続く塀は、道に沿って七十メートルは続く。全貌を小さなスケッチブックに収めるのは不可能だが、奥に見える蔵がよく見えるアングルで描いた。
 その、蔵が普通ではない。規模も、屋根周りの重厚さも、いったいどんな宝物のためにこれだけの建築を建てたのか。いや、豊かな屋敷森で守られた敷地全体こそが、宝なのに違いない。